カードローン審査に落ちる理由は?審査通過にマストな重要ポイント

カードローンの審査に落ちてしまったときは、必ず原因について確認するようにしてください。

審査落ちには、必ず審査に落ちる理由というものがあります。

もし、審査落ちの理由が分からなければ、自分の個人信用情報を取り寄せて、どんな情報が登録されているのかを確認することもできます。

過去の延滞や債務整理の情報が残っていると、審査に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのも事実になります。

また、カードローンの申込み条件を満たしていなければ、審査落ちになるのは仕方のないことです。

このようなことを1つずつ確認して、別途、カードローンの申込みをしてみてはいかがでしょうか。

希望額を最小限にして、すべての審査項目を正直に伝えるのが審査通過のポイントです。

 

審査通過の基準!絶対おさえたい5つのポイント

カードローンの審査に通過するためには、絶対におさえておきたい5つのポイントがあります。

今から紹介する5つのポイントに問題がなければ、融資が受けられる可能性は非常に高いと考えられます。

まずは、審査で重視される項目をここで確認しておくようにしましょう。

 

信用情報の傷

信用情報の傷というのは、個人信用情報機関に登録されている、あなたの信用情報に問題があるかどうかということです。

基本的には、すべての金融機関との取引きに関することがすべて登録されていますので、過去の延滞や債務整理などの事実が登録されていると審査に通りにくくなります

一方、他の金融機関との取引きが問題なく行われていることが確認できれば、カードローンの審査で評価が上がる可能性があります。

個人信用情報機関の登録データは、過去の金融機関との取引における通知表のようなものですので、カードローンの審査で大きな影響があるのは当然のことだと思います。

 

他社の借り入れ状況

他社の借入件数や残高が多いからといって、絶対に審査で不利になるわけではありません。

しかし、借入残高が多いだけでなく延滞していたりすれば、当然、審査で不利になります。

また、消費者金融のカードローンを選ぶ場合は、借入残高が多いと総量規制の問題が生じることがあります。

消費者金融からの借入れは、年収の3分の1までとなっている点に注意するようにしてください。

なお、カードローンの申込みでは、消費者金融とクレジットカード会社のキャッシング残高を伝えるのが一般的です。

自動車ローンや住宅ローンの存在は、あまり問題なることがないので、神経質にならないようにしましょう。

 

住居関連の情報と住宅ローン

住居に関する情報や住宅ローンの存在は、基本的には、返済に充てられる金額を推定するために使われます

同じ給料でも住宅ローンの返済があれば、その分だけカードローンの返済ができなくなるからです。

また、実家で親と同居をしているような場合は、家賃や住宅ローンの支払いをする必要がありません。

カードローンの審査では、このような場合に結果に有利にはたらくと考えられています。

また、賃貸住宅に住んでいる方が家賃を実際よりも少なく伝える人もいますが、審査落ちになる原因になるので、正直に伝えるようにしましょう。

 

勤務先と勤続年数

勤務先や勤続年数は、収入の安定性についての評価に利用されます

勤務先が大企業や公務員の場合は、簡単につぶれたりはしないと考えられるので、安定していると評価されます。

勤続年数については、年数が多いほど将来も在籍し続けると考えられるので、収入の安定性があると評価されます。

勤務先や勤続年数については、今から情報を変えることはできません。

カードローン会社に勤務先の情報を正直に伝えるようにして、正確な返済能力を算出してもらうようにしてください。

仮にウソの情報でお金を借りることができたとしても、後で返済ができなくなって困るのは自分だということを忘れないようにしましょう。

 

年収

年収は多ければ多いほど評価が高くなると考えられますが、ある程度以上の収入があれば、カードローンの審査で問題となることは少ないです。

どのくらいの収入が「ある程度以上」になるのかは、あなたが生活を送っていくなかで「実感」としてわかっていると思います。

毎月の収入から支出をしていき、次の給料日のときに貯金ができるほど残っているなら、返済に充てるお金もあるので「ある程度以上」の収入があります。

逆に、毎月、給料日前になると慌ててしまうような状況だと、少し不足している状況だと考えられます。

 

審査に落ちる理由が分からない?信用情報が最重要項目

個人信用情報機関に登録されている情報は、あなたの「信用」を確認するために利用します。

他の金融機関との取引に問題があれば、カードローンの契約をしても「延滞をするのではないか?」と考えられるからです。

ここでは、個人信用情報機関に登録されている情報にどんなものがあるのかを中心に紹介したいと思います。

 

他社カードローンの返済遅延

個人信用情報機関には、別会社のカードローンの返済の履歴も残されています。

毎月の返済ができているのか、それとも延滞をしているのかは、情報を取り寄せれば一目瞭然です。

仮に別会社のカードローンで延滞をしていることが分かると、融資を受けることは非常に難しくなります。

カードローンを借りるということが、「すでに家計が破綻しかけている」という可能性があることを意味しています。

すでにカードローンを借りていて、その支払いが遅れているとなると、お金を融資しても返済が非常に困難だと判断されてもおかしくはありません。

 

クレジットカードの支払い遅延

クレジットカードの支払い遅延は、審査で大きな影響を与えます

通常、クレジットカードの返済は、銀行からの口座振替によって行われています。

クレジットカードの支払いで遅延が生じているということは、銀行の口座の残高が0に近いことを意味しています。

預貯金が0に近いということは、今の日本では多いケースだと思われますが、延滞をしたという事実も信用の面で大きなマイナスとなってしまいます。

クレジットカードの支払いが遅れそうなときは、支払い遅延となる前にお金を借りることを考えるべきではないでしょうか。

 

携帯料金(本体料金)の滞納

携帯電話の料金滞納も個人信用情報機関に登録されているデータで確認されます。

携帯電話を購入するときに分割払いにしていると、毎月の返済に関する情報が個人信用情報機関に登録されていきます。

携帯電話の料金についても、口座振替となっていることが多くなりますので、銀行預金の口座残高が枯渇しかけていると思われてしまいます。

なお、携帯電話の本体を一括払いで購入している方は、携帯料金の滞納があっても信用情報には影響ありません

携帯電話会社が保有するデータベースには登録されてしまいますが、消費者金融や銀行が閲覧できるものではないからです。

 

複数カードローンへの同時申込み

複数のカードローンに同時申込みをしてしまうと、そのことが個人信用情報機関のデータベースに登録されて、ほぼ確実に審査に落ちます。

仮に一番最初に登録を済ませたカードローンから借入れができたとしても、同時申込みが確認できた時点でカードの利用停止になってしまうことがあります。

複数カードローンの同時申込は、しても何一つ良いことはありません。

カードローンの審査は、たくさん受ければ通るというものではありませんので、1つにしぼって申込むようにしましょう。

 

自己破産などの債務整理

自己破産などの債務整理の事実が個人信用情報機関に登録されていると、融資を受けることが非常に困難になります。

債務整理をした後に返済能力が格段にアップするということもありますが、債務整理後に安易に融資をすると金融機関側のデメリットが大きくなるからです。

債務整理は、約束どおりに返済をしなかったことを証明する事実です。

そのような人にお金を貸してしまうと、安易に債務整理をする人が増えてしまい、融資の仕組みそのものが崩れてしまうからです。

債務整理の記録が残っていると考えられる方は、信用情報を取り寄せて情報が消去されているのを確認してから申込むようにしましょう。

 

信用情報に記載が全くない人も審査落ちの可能性あり

信用情報の記録がまったくないという人は、審査に通らない可能性があります。

年齢にもよりますが、これまでに金融機関との取引きが一切ないということ自体が不自然だからです。

カードローンの審査担当者は、「債務整理をした後に信用情報が消去された状態」の可能性についても考えることになります。

カードローンの審査に通らないわけではありませんが、融資が受けられたとしても最小限の限度額に決まることが多くなります。

信用情報に記載がまったくない場合は、過度に期待をせずに申込みをするようにしましょう。

 

信用情報の傷は致命的!不安なら開示請求して確認しよう

信用情報に問題があると、カードローンの審査で非常に大きなデメリットとなります。

過去の延滞があるだけで審査に落ちてしまうこともありますので、クリーンな状態を保つことを心がける必要があります

もし、個人信用情報機関に登録されている情報に問題があると思われるときは、自分の個人信用情報を取り寄せて、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

自分の個人信用情報は、1,000円前後の手数料を支払えば、すぐに開示してもらえます。

ただし、情報が開示されるまでに時間がかかる場合もありますので、開示されるまでの期間についても確認しておくようにしましょう。

 

カードローンによって申込条件が違う?!

カードローンは、商品ごとに申込条件が異なっています。

一般的には、年齢に関する制限と収入に関する制限について条件が定められていることが多くなります。

カードローンの申込みをするにあたって、必ず事前に確認しておくようにしてください。

 

銀行カードローン

銀行カードローンは、年齢に関する条件もありますが、年収について制限が設けられていることがあります

例えば、「年収150万円以上あること」などと公式サイトに記載されている場合があります。

また、申込みにあたって収入証明書類を提出することが前提となっているものもあります。

源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の写しなどが収入証明書類ですので、用意することができない場合は、審査が打ち切られてしまいます。

なお、銀行の場合は、暴力団に属している方や暴力団の関係者には融資をしていませんので、間違えて申込みをしないようにしてください

 

ネット銀行のカードローン

ネット銀行のカードローンは、銀行カードローンと同様に年収についての制限が設けられている場合があります。

また、ネット銀行が指定する「銀行の普通預金口座があること」が条件となっているものもあります。

銀行の普通預金口座は、誰でも簡単に作ることができますが、融資を急いでいる場合は、銀行口座の開設に期間を要してしまい、予定の日にお金を受け取れなくなることがあるので注意が必要です。

 

大手消費者金融のカードローン

大手の消費者金融のカードローンは、年齢に関する条件と「安定した収入があること」という条件が設けられてることが多くなります。

安定した収入というのは、アルバイトやパート勤務の方でも大丈夫ですが、毎月同じくらいの金額を稼いでいるという意味です。

収入が安定していなければ、融資の限度額が抑えられるか審査に落ちてしまいます。

年収の3分の1までしか融資ができませんので、収入が安定しているということが非常に重要になります。

また、個人事業主の方が大手消費者金融のカードローンに申込むときは、収入証明書類を提出するように言われることがあるので、あらかじめ用意しておくと良いでしょう。

 

カードローン審査の流れを理解しよう

カードローンの審査を受ける際は、申込みからお金の受け取りまでの全体の流れを把握しておくことが大切です。

全然上がれが分かっていないと、書類の用意に手間取ったり、お金を受け取るまでに時間がかかってしまうことがあるからです。

 

スコアリング審査

スコアリング審査というのは、申込みをする際に伝えたすべての審査項目と信用情報機関に登録されている情報を数値化して、その合計の得点で融資の可否を決める仕組みのことをいいます。

例えば、他の金融機関との取引きで1年前に一度だけ延滞をしたことがあった場合に「-5ポイント」などとしていく手続きです。

スコアリング審査の審査基準は、一般に外部に公表されるようなものではありませんので、実際に審査を受けてみないと結果が分からないというのが実情です。

 

カードローン会社から本人確認電話

審査の手続きが一通り終了すると、カードローン会社から申込みをした本人の携帯電話に連絡が入ります。

このときの電話の目的は、本人に間違いないことの確認と申込み意思があることの確認の2つです。

まず、携帯電話の番号に間違いがあると、融資をした後に連絡が取れなくなり困ることがあります。

勤務先の電話なども確実につながることを確認するため、在籍確認という手続きが行われます

また、後になってから「申込むつもりはなかった」と言って返済を拒まれては困るので、申込みをする意思があることも確認しています。

 

提出書類の確認

カードローン会社に提出する書類には、2種類あります。

まず、カードローンの申込みをした本人であることを証明するために、本人確認書類というものを用意します。

本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの公的な身分証明書になるものです。

また、年収を証明するために収入証明書類を提出することもあります。

収入証明書類は、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の写し、納税証明書などのことです。

消費者金融では、希望する金額が50万円を超えている場合に必要になるので、必要な方はあらかじめ用意しておくようにしましょう。

 

勤務先への在籍確認

勤務先への在籍確認の手続きは、カードローン会社のオペレーターが勤務先に電話をかけて、あなたを呼び出すという方法で行います。

この際、カードローンに申込みをしたことが勤務先の同僚にバレるのではないかと心配になるかもしれませんが、プライバシーの心配はする必要がありません。

カードローン会社のオペレーターは、個人名で名乗って電話をかけますので、金融機関からの電話だとは分からない仕組みになっています

在籍確認の電話に不安を感じる場合は、カードローン会社のオペレーターに電話をかけて相談をしてみると良いでしょう。

 

銀行の場合は警察庁データベースの照会

銀行カードローンに申込みをする場合は、警察庁のデータベースへの照会も行われます。

警察庁のデータベースには、暴力団およびその関係者に関する個人情報が登録されています。

うっかり暴力団関係者に融資をしてしまうと、そのお金が犯罪に使われてしまう可能性があるので、警察庁と連携をとって資金が暴力団に流れないようにしています。

つまり、暴力団やその関係者の方は、銀行のカードローンに申込んでも審査に通りません。

残念ながら、融資を受けられる金融機関がほとんどないので、別の方法でお金を用意するようにしてください。

 

契約手続き

カードローンの審査が終われば、それでお金が借りられるというものではありません。

審査の終了後に契約の手続きをして、それから、お金が借り入れできるようになります。

カードローンの契約の手続きは、WEB上で行う場合と自動契約機を使ってする場合とがあります

ローンカードを発行してもらう場合は、自動契約機で契約手続きとカードの受取りをするのが便利です。

逆にカード発行をしないで融資を受ける場合は、金融機関の公式サイトで契約手続きをした方が簡単になります

 

希望借入額と利用目的も審査に影響する?!

カードローンの審査では、申込みをする人の希望額とお金の使いみちも審査の対象となっています。

収入が少ないのに高額融資を希望すれば、印象が悪くなるのは当然です。

お金の使いみちもギャンブルや遊び目的では、融資をしようという気すら起きないのではないでしょうか。

 

希望額は必要な分だけ!総量規制に影響がでない範囲はマスト

カードローンの申込みで希望額を伝えるときは、必要最小限の金額、かつ総量規制の範囲内であることが必須となります。

希望している金額以上のお金は、無駄があるということを意味します。

カードローンの金利は必ずしも低金利ではありませんので、借りたお金に無駄があると借入れした後の負担が大きくなってしまいます。

また、消費者金融のカードローンでは、年収の3分の1を超える融資が貸金業法という法律で禁止されています

銀行のカードローンも高額融資を控えるようになっているので、年収の3分の1以下の希望額で申込むようにしてください。

 

使用目的がギャンブルだとNG

お金の使用目的で「ギャンブル」と伝える人がいますが、絶対にやめたほうが良いです

仮にあなたがお金を貸す立場で考えた場合、誰かに「パチンコに行くからお金を貸して!」と言われて、お金を貨そうという気になるでしょうか。

きっと、あなたは「馬鹿じゃないか?」と思うはずです。

では、どんな目的でお金を貸してくれと言われたらお金を貸そうという気になるかは、皆さんで考えてみてください。

カードローンの審査は、決して難しいことを判断しているわけではありません。

常識で考えれば、簡単に分かることがほとんどではないでしょうか。

 

審査の甘いカードローンってある?

審査の甘いカードローンがあるかどうかですが、審査が厳しそうなサービスがあるという意味では、相対的に甘いと考えられるカードローンは存在します。

だからといってむやみにお金を融資しているわけではありませんので、誠実に手続を進めていく必要があります。

 

銀行カードローンは審査が厳しい?

銀行カードローンは、一般的に消費者金融のカードローンよりも審査が厳しいと考えられています。

銀行のカードローンの審査が厳しいのは、融資の実績が少ないことと銀行の印象を大切にしていることが理由となります。

まず、消費者金融と比べると、銀行にはカードローンの融資の実績が少ないといえます。

安易に融資を決断して回収不能となっては困るので、慎重に融資先を決めているという背景があります。

また、銀行は自らの意思を非常に大切にしていますので、しっかりとした人にしか融資をしないということがあると考えられます。

 

金利が高いカードローンは審査に通りやすい!?

カードローンの審査の難易度は、金利を参考にして判断することができます。

例えば、年率10%と年率18%のカードローンとでは、金融機関側が負うリスクが大きく異なります。

金利が高ければ、その分だけ利益が大きくなりますので、リスクを大きく取ることができるようになります

逆に利幅の小さい低金利のローンでは、確実に回収できる人にしか融資できなくなります。

もし、できるだけ審査に通りやすいカードローンを選びたいなら、消費者金融や金利が高めに設定されている銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

プロミス・アコム・アイフルは成約率が高い!

カードローンの難易度は、申込みをした人に対する融資が決まった割合、成約率を元に判断することもできます。

成約率が低くいれば、それだけ難易度が高いと考えられるからです。

大手の消費者金融や銀行カードローンでは、プロミスやアコム、アイフルの成約率が高いといわれています。

申込者に対して40%~45%程度の方が借り入れに成功しています。

初めての申込みで審査に不安があるという場合は、プロミスやアコム、アイフルのカードローンを選んでみてはいかがでしょうか。