カードローン審査なしは危険!?通るか不安なときに確認すべき7つのポイント

カードローンで申込みをするときは、できるだけ大手の消費者金融や銀行カードローンを選ぶようにしてください。

中小の消費者金融や審査なしで借りれるようなあやしい業者に持ち込んでしまうと、借入れした後にトラブルに巻き込まれてしまうことがあるからです。

お金を借りることも大切ですが、安全に融資を受けるということを優先してください。

借入後にトラブルが起きてしまっては、意味がないということを理解しましょう。

 

審査なしで借りれるカードローンってあるの?

審査なしで借りれるカードローンがあるかというと、ありません。

一見、無審査で融資をしているようなヤミ金でも、「この人なら取り返せる!」と判断しているので審査をしていないわけではありません。

 

審査なしのカードローンは闇金だけ!?

審査がないようなカードローンは、ヤミ金だけといっていいでしょう

安全な業者なら、しっかりと審査をして利用者の返済能力を確認する手続きを行うはずです。

 

・ソフト闇金の利用なら大丈夫?

ソフト闇金というのは、一見すると人当たりが良い闇金のことです。

人当たりが良いからといって安全ではなく、むしろ担当者のバックに怖い人がついていると考えるのが常識です。

自分から「ソフト闇金だから大丈夫」といっているとしたら、「自分はいい人だ」と自分で言っているようなものなので怪しさ満点ではないでしょうか。

 

・掲示板の個人間融資も闇金!?

掲示板に投稿されている個人間の融資は、すべてが闇金だと考えてください

見ず知らずの人にお金を貨そうと思う個人がいるか、と考えれば、怪しいことだとすぐに分かります。

個人の貸付のようなふりをして、実は、闇金からの融資だったということもあるので、見ず知らずの人からお金を借りるようなことは絶対にしないようにしましょう。

 

審査なしカードローンに待っているのは容赦ない取り立て

審査がない闇金の融資を受けてしまうと、借入れした後にとんでもないトラブルが生じます。

返済しようと思っても拒否されてしまい、高額な利息が請求されたという事例も多くなります。

 

・少額融資でめちゃくちゃな高金利

闇金の特徴は、とんでもない高金利である点にあります。

そもそも、貸金業法に基づいて設立されているわけではないので、存在が違法です。

金利についても、利息制限法や出資法の規定を守るわけがなく、違法な高金利で請求を受けることになってしまいます。

悪質な業者の場合は、10日で1割とか1週間で1割の金利の支払いを求めてくることもあるので注意が必要です。

 

・貸付後数日で取り立てが始まる

闇金の業者によっては、貸付してから数日で取立が始まることもあるようです。

そのときに返済できなければ、遅延損害金などといって、どんどん請求額が増えてきます。

2~3万円しかお金を借りていないのに、いつの間にか100万円以上請求されているということも、実際に起きているので闇金には絶対に近づかないようにしてください。

 

・借りた本人以外の近親者にも取り立てが及ぶ

闇金からの取り立ては、本人だけでなく、家族や兄弟にも及びます。

法律上は、お金を借りた本人以外は、なんの責任もないにもかかわらず、お金を支払えと強要されてしまいます。

闇金の利用は、本人だけでなく、身内にも迷惑をかけてしまいますので、信頼できる業者以外からは、借入れしないようにしましょう。

 

・同業者に個人情報を横流しされる

闇金は、闇金どうしでつながっていることも多くなります。

闇金どうしが借入れした個人の情報を共有していて、多くの闇金からお金を借りるように要求されることもあります。

お金を必要としていないのに、少額のお金の故意に置いていき、後で高額な金利を含めた返済を求めるのが常套手段です

 

クレカのショッピング枠の現金化もリスクあり!

クレジットカードのショッピング枠の現金化をする業者についても、非常に悪質であるので注意が必要です

ショッピング枠の現金化は、価値のない商品を購入させて、後から現金で買い取る方法により融資をしています。

ショッピング枠の現金化は、後から商品を買取してもらうという点に大きな問題があります。

最初は、20,000円で購入した商品を18,000円で買い取ると言っていた場合でも、何らかの理由をつけて「1万円しか支払えません」などと平気で言ってきます。

 

審査なしで利用できる借入方法ってないの?

審査なしで借入れできる方法というのは、基本的には、お金を借りる人にとって非常に不利な条件となっています。

ヤミ金を利用するのは論外ですが、それ以外の方法についてもあまり良い方法とは言えません。

 

質屋などの担保を入れる借入なら属性を問われない

お金を借りる方法の1つに「質屋」に質入れするという方法があります。

ブランド品や高級腕時計などを質屋に持参すれば、その場で価値を鑑定してもらい査定額のお金を受け取ることができます。

ただし、質入れした物を後から買い戻す場合は、非常に高い利息を上乗せしてお金を払う必要があります

金利に換算すると100%を超えるものもありますので、よく考えて利用するべきです。

ただし、仕入れは、商品の価値だけを見ていますので、本人の属性に問題があっても借入できる金額は同じになります。

 

キャッシング枠付きのクレカがあるなら問題なし

クレジットカードを保有していて、キャシング枠がついている場合は、キャッシング枠を利用してお金を借りることができます。

クレジットカードのキャッシング枠は、ついていない場合もありますので、分からなければクレジットカード会社に電話をかけて調べてもらうようにしてください。

 

2万円以内の少額なら「バンドルカード」の後払いチャージもあり

バンドルカードというのは、簡単にいうならVISAのプリペイドカードです

専用のスマホアプリをダウンロードすれば、審査なしですぐに使えます。

プリペイドカードへのチャージは、手元に現金がなくても、その場でできます

チャージしたお金の支払いは、翌月末までにすれば良いので、借入れに近いサービスだということが分かります。

また、バンドルカードの利用に年齢制限はありませんので、高校生や未成年の大学生でも利用できる点に特徴があります

 

審査が不安なら基礎知識をつけよう

カードローンの審査が不安なら、手続きについての基本的な知識を身につけることをおすすめします。

不安の正体は、無知であることということもあります。

審査の基本について紹介しますので、しっかりと確認しておいてください。

 

すでに複数から借入している場合の審査通過は?

すでに複数のカードローンの利用がある場合は、審査に通過することが非常に困難な状況です。

すでに借入れがあるということは、限度額いっぱいまで借入れしていたり、別会社のカードローンの返済ができなくなっている状況だと思います。

この状況で新たに審査を受けたとしても、審査担当者に「もう詰んでいる」と思われる可能性があります。

基本的には、返済できる見込みがあると審査の担当者が考えなければ、融資は行われません。

返済の見込みについては、自分でも分かると思いますので、返済できると思う場合にだけ申込みを考えるようにしてください。

 

ブラックリストから復活するのに必要な年数は?

信用情報機関に登録されている情報に問題がある場合は、1年~5年程度は影響が残ると考えてください。

例えば、自己破産以外の債務整理をしたことがあるという場合は、手続きから5年を超えない範囲で情報が残されています。

ただし、自己破産についてだけは、全国銀行個人信用情報センターは、10年間記録に残す方針をとっています。

これらのことから分かるように、自己破産でなければ5年を目処にブラックリストから復活すると考えられます。

 

借金が多すぎるなら債務整理も考えよう

借金の返済のための新たな借金をしようとしているなら、すでに借金の返済が不能になっている場合があります。

返済ができない状況なら、新たな追加融資を受けるよりも、債務整理が適している場合もあります。

 

・債務整理にはデメリットもある

債務整理には、いくつか手続きがありますが、それぞれに固有のデメリットがあります。

共通しているのは、信用情報機関に債務整理をした事実が登録されることです。

債務整理の事実が記録として残されている間は、新たな融資やクレジットカードの作成などはできなくなります。

 

・借金返済が行き詰まったら債務整理を検討

借金返済が困難になってきたら、必ず可能性として債務整理を考えるようにしてください。

とくに、ローンのおまとめをした後は、自己破産などができなくなるので十分に注意してください。

債務整理は、借金返済が困難になった人を救済する手続きですが、デメリットについてもしっかりと理解して、心の準備をしておきましょう。

 

ホントにカードローン審査に通らない?実はOKなこともある不安材料

カードローンの審査に落ちたとしても、別会社の審査には通るということがあります。

審査に落ちたからといって落ち込む必要はなく、次善の手段を考えれば良いだけの事です。

審査の基本について理解を深め、前向きに事態解決を考えるようにしましょう。

 

過去に審査に落ちても違うカードローンならOKかも

過去にカードローンの審査に落ちたことがあるからといって、もう一度受けて審査落ちになる決りはありません

また、別会社のカードローンなら、あっけなく審査に通ることもあります。

とくに、過去に審査落ちになったのが1年以上も前のことなら、勤続年数も長くなっているはずなので審査に通りやすくなっているとも考えられます。

あくまでも、カードローンの審査は、受けてみなければ分かりません。

カードローンで借入れするかどうかを含めて、総合的にどうするべきかを考えるようにしましょう。

 

派遣やフリーターなど雇用形態は心配いらない!?

カードローンの審査では、基本的には、派遣社員やフリーターであったとしても、大きな問題になることはありません。

むしろ、家賃が無料の派遣社員は、返済能力の面で審査で有利になることがあります。

逆に、個人事業主がカードローンの申込みをする場合は、収入が安定していないという点が問題なることがあります。

収入が安定していることが証明できる書類を用意しておき、必要に応じて提出できるように準備しておくことも大切です。

なお、雇用形態を気にする必要がないと説明しましたが、勤続年数については、半年以上はあったほうが良いと考えられています。

 

収入が低くても安定性があれば大丈夫!?

収入に関しては、多いか少ないかよりも、安定しているかどうかの方が重視されます。

少ない金額でも将来に向けて収入を得続けることができると判断されれば、返済能力に応じた限度額を認めてくれます

逆に収入が安定していなかったり、勤続年数が短い場合は、将来を推測することが難しいので、融資が受けられても少額になることが多くなります。

なお、収入がいくらあれば良いかと考える人もいますが、居住形態などと総合的に判断されるので、一概に言うことはできません

自分の体感として、確実に返済できそうだと思えるなら、カードローンの申込みをしてみても言いと思います。

 

水商売は在籍確認がキモ!?

水商売の方がカードローンに申込む場合は、在籍確認ができることが前提となります。

勤務先の人にカードローンの申込みがバレたくないときは、給与明細書の提出で在籍確認をしてもらうようにしてください。

なお、個人事業主としてお仕事をしている場合は、確定申告をしているかどうかが問題になります。

所得の申告をしていなければ、残念ながらカードローンで借入れすることは非常に困難だと考えられます

個人事業主の場合は、ほとんどのケースで確定申告書の写しを提出するように言われるので、用意できないということが問題になってしまいます。

 

年金収入だけで申込みOKなカードローンもある

収入が年金だけという場合は、年金だけでも申し込めるカードローンを選ぶことができます。

ただし、年金の受給額から毎月の返済をして、生活が成り立つかどうかはしっかりと考えるようにしてください。

できれば、アルバイトなどを始めるようにして、カードローンの返済を早く済ませるようにしてください。

年金収入だけで申し込めるカードローンは、レイクアルサ(ALSA)とみずほ銀行カードローンの2つです。

どちらも安全に利用できる金融機関になりますが、金利や返済方式などについて、公式サイトでしっかりと確認するようにしましょう。

 

信用情報は時間が経てば回復する

信用情報機関に登録されている情報に問題があるときは、しばらくしてからカードローンの申込みをするという判断もできます。

登録されている情報にもよりますが、半年から1年くらいすると、登録されている情報が消去されることが多くなります

ただし、債務整理については、比較的長期間にわたって、情報が信用情報機関に残され続けます。

自己破産については10年間、その他の債務整理については5年間を目処に消去されていますので、それから借入れを考えるようにするのもお勧めです

 

他社借り入れがあっても年収の3分の1以下ならOK!?

別会社の借入れがあるときは、まずは、家計簿をつけるなりして収入と支出を完全に把握するようにしてください。

毎月いくら赤字になっているのかが分かれば、対策のしようもあるはずです。

なにも考えずにカードローンでお金を借りてやり繰りをしていても、いずれ破綻することが目に見えています。

2社目以降のカードローンの申込みをする場合は、必ず収入を増やすための努力もしてください。

アルバイト(パート)や在宅ワークなどでも構わないので、借金を減らす努力を始めるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です